ニュース

新しい調査では、Apple Watchが脳卒中のリスクを検出して減らすことができるかどうかを判断したいと考えています

  • ジョンソン&ジョンソンおよびハートラインと提携したAppleの研究は、Apple Watchが脳卒中の初期兆候の検出に役立つことを証明するデータを提供することを目的としています。
  • 65歳以上のアメリカ市民は、この調査に参加する資格があります。
  • この調査は3年間行われ、ユーザーはメディケアの主張にデータを提供する必要があります。

新しいレポートによると、 アップルウォッチ ジョンソン&ジョンソンおよびハートライン調査と協力して同社が取り組んでいる新しい機能のおかげで、将来的には何百万人もの命を救うことができます。これらの企業はAppleと協力して心房細動の初期兆候を検出すると伝えられている。これは脳卒中を早期に発見するのに非常に有益であり、それにより現在よりもさらに多くの命を救うことができます。

Apple Watchは、ECGアプリに不整脈の兆候が現れ始めたときにユーザーに通知することができます。心房細動は、Apple Watchで不整脈が検出される方法と非常に似た働きをすると言われています。

ハートラインスタディは、心房細動に関する研究の一環として、65歳以上の人々を対象とした試験を実施しています。同社は、この調査のメンバーにApple Watchユニットを貸し出そうとしていますが、この調査に参加するための最低要件は、iPhone 6s以降のiPhoneのみです。



Heartlineによるこの新しい研究の用語の一部を以下に示します。

  • アメリカ在住
  • 65歳以上
  • オリジナルのメディケアを持っている
  • iPhone 6s以前を使用する
  • メディケアクレームのデータアクセスを提供することに同意する

この調査は、1年間のデータ収集と2年間の関与を含め、3年間にわたって実施されます。参加者は2つのグループに分けられると言われています。1つはiPhoneでHeartline Studyアプリを使用し、もう1つは不規則なリズム通知機能とともにApple WatchでECGアプリを使用します。

ソース ハートライン

経由 9to5Mac