ガジェット

キヤノンは、新しい頑丈なクリップオンカメラのクラウドファンディングキャンペーンを開始します

Canon IVY RECは、ペンドライブとほぼ同じサイズの屋外カメラです。同社はIndiegogoを使用して、この小さな頑丈なカメラをクラウドファンディングしています。

Canon IVY REC、Canon IVY RECクリップ可能カメラ、Canon IVY REC indiegogo、Canon IVY REC価格、Canon IVY REC発売日、Canon IVYRECポケットカメラCanon IVY RECは、ペンドライブとほぼ同じサイズの屋外カメラです。

キヤノンは、フルサイズデジタル一眼レフの世界有数のメーカーです。しかし、日本企業はクラウドファンディングサイトのIndiegogoを選択して、ペンドライブによく似た新しいカメラのアイデアを提案しました。

IVY RECと呼ばれるポケットサイズのカメラは、クリップ可能で軽量、そして頑丈な究極のどこにでも持ち運べるカメラとして宣伝されています。 13MP 1/3インチCMOSセンサーを搭載したカメラは、1080pで静止画や動画を撮影できます。また、コンテンツを転送するためのBluetoothおよびワイヤレス接続オプションも備えています。また、1メートルの深さまで最大30分間防水です。

興味深いことに、背面には三脚マウントが組み込まれています。ユーザーがビデオ、静止画、ワイヤレス転送、マルチと呼ばれるモードを切り替えることができるダイヤルと一緒に。確かにディスプレイはありませんが、クリップをファインダーとして使用できます。キャプチャした画像を表示するには、CanonMini Cameraアプリを使用する必要があります。このアプリは、電話で直接ライブビューも提供します。



現在のところ、カメラの価格や在庫状況の詳細については何も発表されていません。しかし、キヤノンは小売価格から最大30パーセントオフの早期支援者を提供しています。 Canon IVY RECの詳細については、ユーザーはにサインアップできます。 キャンペーンページ 今日。

クラウドファンディングサイトを使用して新しいカメラの資金を探すことは、キヤノン側では珍しい動きです。結局のところ、Canonには、外部からの追加の支援を必要とせずに、プロジェクトを独自に主導するのに十分なリソースがあります。多くの人が、クラウドファンディングキャンペーンは、非常にニッチで珍しいものへの関心のレベルを測定するための理想的な方法であると信じています。