ガジェット

キヤノンは、詰め替え可能なインクタンクを備えた新しいPixmaGシリーズプリンターを発表しました

キヤノンは、最大6000ページの印刷が可能な詰め替え可能なインクタンクを備えたPixmaシリーズのプリンターの世界的な発売を発表しました。

キヤノンキヤノンの最新のPixmaGシリーズプリンターには、詰め替え可能なインクタンクが付属しており、最大6000ページの印刷可能性があります(出典:Canon India)

インドでのスマートフォンの世界的な発売が一般的になっている一方で、キヤノンはインドで詰め替え可能なインクを使用したPixmaシリーズのプリンターの世界的な発売を発表しました。

キヤノンは、Pixma Gシリーズの4つの新しいモデル、G1000、G2000、G2002、G3000をインドで発売しました。キヤノンには現在、合計33台のインクジェットプリンターがあります。これらのプリンタのUSPは、詰め替え可能な統合インクタンクです。

キヤノンは、このプリンタでの印刷歩留まりは、白黒6000ページ、カラー印刷7000枚に達すると主張しています。プリンタには、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの各色用の個別のタンクが付属しています。キヤノンは、交換用インクボトルの価格を1ユニットあたり499ルピーに設定しました。



【関連投稿】

本日、ここインドでPIXUSプリンターのGシリーズの世界的な発売を主催できることを光栄に思います。キヤノンは、顧客体験をすべての革新の中心に置いています。そのため、インドのお客様に直接体験していただければ幸いです。キヤノンはこのカテゴリーへの新規参入者ですが、2016年12月末までにCISS市場の約30%を獲得することに興奮し、強気です、とキヤノンインドPvtの社長兼CEOの小林和忠は述べています。株式会社

キヤノンによると、新しいPixma Gシリーズシリーズでは、白黒プリントのコストは8パイサ、カラープリントは1プリントあたり21パイサと低くなります。