ガジェット

キヤノンEOSM5とDIGIC7イメージプロセッサが980ドルで発売

キヤノンは、最初のEF-Mハイパワーズームレンズとともに、980ドルの価格のEOS M5DSLRカメラを発売します

キヤノン、キヤノンEOS M5、キヤノンEOS Mシリーズ、キヤノンMシリーズ、キヤノンEOS m5スペック、キヤノンEOS m5価格、キヤノンEOS M5発売、キヤノンEOSカメラ、DSLRカメラ、インド、テクノロジー、テクノロジーニュース、インディアンエクスプレスCanon EOS M5は、24.2MPAPS-CサイズのCMOSセンサーとDIGIC7イメージプロセッサーを搭載しています。

キヤノンは、EOSMシリーズの最新製品である新しいキヤノンEOSM5の発売を発表しました。 24.2MPのAPS-CサイズのCMOSセンサーとDIGIC7イメージプロセッサーを搭載しており、Mシリーズの中で最速のAFスピードであると同社は主張している。 EOS M5は、カメラ接続アプリを使用して互換性のあるデバイスに接続したままにすることができる低エネルギーBluetooth接続を備えたシリーズの最初のカメラです。

カメラのISO設定は100〜25,600です。 AFロックで最大7コマ/秒、最大9コマ/秒の高速連続撮影が可能です。新しいDIGIC7イメージプロセッサにより、AFトラッキングパフォーマンスが向上します。

キヤノンEOSM5にはEVF(電子ビューファインダー)が内蔵されており、タッチ液晶パネルでAFをタッチ&ドラッグして、撮影中にピントをすばやく変えることができます。 3.2インチのチルトタイプのモニターは、より柔軟な位置決めに役立ちます。



キヤノンEOSM5カメラとEF-M18-150mm f / 3.5-6.3 IS STMレンズに見られる新機能は、EOS Mシリーズのカメラとレンズの新しい基準を打ち立て、キヤノンが常に私たちが望むパフォーマンスの向上を取り入れていることを示していますキヤノンUSA、Inc。の社長兼COOである石塚雄一氏は次のように述べています。新しいEOSM5カメラとEF-M18-150mm f / 3.5-6.3 IS STMレンズを組み合わせると、あらゆるレベルの画像メーカーに強力なツールを提供します。さまざまな注目すべき画像やビデオをキャプチャできるようにする、と彼は付け加えました。

キヤノンはまた、EOSMシリーズのすべてのカメラと互換性のある新しいレンズ– EF-M 18-140mm f / 3.5-6.3 ISSTMを発売しました。互換性のあるデバイスに写真を転送できる低エネルギーのBluetooth接続が付属しており、デバイスをリモコンのように機能させることもできます。

キヤノンEOSM5カメラは、2016年11月にキヤノンのディーラーまたは公式ウェブサイトから、本体のみの推定価格980ドル(約66,000ルピー)で販売されます。新しいキヤノンEF-M18-150mm f / 3.5-6.3 IS STMレンズは、グラファイトとシルバーの色で提供され、2016年12月に500ドル(約33,000ルピー)で提供されます。