ガジェット

キヤノンEOSC300 Mark IIIは、新しいレンズとともにインドで発売されたビデオクリエーターに焦点を当てました

キヤノンEOSC300 Mark IIIは、ビデオグラファーを中心にインドで発売されたばかりです。 2020年7月から利用可能になります。

キヤノン、キヤノンEOS C300マークIII、インドで発売されたキヤノンEOS C300マークIII、キヤノンEOS C300マークIII価格、キヤノンEOS C300マークIII仕様、キヤノンEOS C300マークIII仕様、キヤノンEOSC300マークIII価格Canon EOS C300 Mark IIIの主な機能には、カメラがハイダイナミックレンジをキャプチャできるようにするデュアルゲイン出力(DGO)センサーが含まれています。

キヤノンは、最新のEOS C300 MarkIIIカメラとビデオ制作CinemaEOSSystemを発売しました。また、CN10x25 IAS S / E1(EFマウント)およびCN10x25 IAS S / P1(PLマウント)CINE-SERVOレンズも発売しました。同社は、本日発売された新製品の価格をまだ明らかにしていない。在庫状況に関しては、すべての製品が7月に販売可能になります。

Canon EOS C300 Mark IIIの重要な機能の1つは、カメラがハイダイナミックレンジをキャプチャできるようにするデュアルゲイン出力(DGO)センサーです。また、毎秒120フレームでの4Kビデオ録画もサポートしています。

キヤノンEOSC300 Mark IIIは、2015年9月に発売されたEOS C300 Mark IIの後継機種であり、前モデルと同様に、ビデオ制作のプロを対象としています。 Mark IIIが前モデルと比較して優れている重要な領域は、EOS C500 Mark IIと同じプラットフォーム上に構築されていることです。これにより、カメラはモジュラーデザインになり、ユーザーはカメラを撮影環境に合わせてカスタマイズできます。



C300 Mark IIIは、4Kスーパー35mm CMOS DGOセンサーを搭載しているため、高ダイナミックレンジと低ノイズで60fpsで4Kビデオを撮影できます。キヤノンは、DIGIC DV 7ビデオ処理プラットフォームを統合することでこれを強化し、120fpsで最大4Kビデオのビデオ録画機能を実現します。デュアルピクセルCMOSオートフォーカスにより、高精度のフォーカス精度が可能になり、4Kビデオ録画が強化されると記載されています。

モジュラー設計により、ユーザーはさまざまなアクセサリや拡張ユニットを取り付けて、C300 MarkIIIをあらゆる生産シナリオに適合させることができます。 C300 Mark IIIは、Cinema Raw LightおよびXF-AVCビデオ録画フォーマットを使用しているため、ユーザーは自分の作品に最適なフォーマットから選択できます。同社によれば、Cinema Raw Lightは、品質が非常に重要な映画の録画やプロジェクトに最適ですが、XF-AVCは、放送コンテンツやより高速なワークフローを必要とするプロジェクトに最適です。

キヤノン、キヤノンEOS C300マークIII、インドで発売されたキヤノンEOS C300マークIII、キヤノンEOS C300マークIII価格、キヤノンEOS C300マークIII仕様、キヤノンEOS C300マークIII仕様、キヤノンEOSC300マークIII価格CINE-SERVOレンズには、焦点距離25〜250mmで10倍ズームが付属し、焦点距離37.5〜375mmでレンズをよりテレセントリックに機能するように切り替えることができる統合1.5倍エクステンダーが付属しています。

カメラはCFexpressタイプBカードを使用してビデオを録画します。同社は、C300 Mark IIIに加えて、ハイエンドのパフォーマンスを必要とするコンテンツクリエーターを対象としたCINE-SERVOレンズも発売しました。これらのレンズは、同社独自の光学設計技術を使用した8Kの光学性能を備えています。焦点距離25〜250mmの10倍ズームと、焦点距離37.5〜375mmのテレセントリック機能にレンズを切り替えることができる統合1.5倍エクステンダーが付属しています。

CINE-SERVOレンズには取り外し可能なドライブユニットも付属しており、同社によれば、放送コンテンツ制作からビデオ制作まで幅広いニーズに対応できます。

インドでは写真および撮影業界が飛躍的に成長し続けているため、専門家は常に革新的で強力な撮影ソリューションを探しています。さらに、インドでのWebベースのコンテンツの制作が大幅に増加しているため、映画業界向けの優れた革新的な製品に対する大きな需要があります。さらに、ニュースチャンネルやドキュメンタリー映画製作者の絶え間ない存在も、そのような製品の需要を煽っています。市場の潜在的なニーズを認識し、DNAに深く根付いたイノベーションにより、CinemaEOSポートフォリオの最新の参入企業であるCinemaEOS C300 MarkIIIを発売できることを嬉しく思います。今回の発売により、この製品は国内の映画専門家の進化するニーズに対応するために適切に武装し、それによってシームレスな撮影体験を提供できると確信しています。また、新しいEFシネマレンズCN10x25 IAS S / E1(EFマウント)とCN10x25 IAS S / P1(PLマウント)も発売します。キヤノンインドの社長兼最高経営責任者(CEO)である小林和忠氏は、レンズはハイエンドの映画や放送コンテンツの作成に模範的な機能とパフォーマンスを提供すると述べています。