化学

ゲノム分析は、フラットレモンのジューシーな過去を解明するのに役立ちます

研究は、すべてのshiikuwashaがハイブリッドであることを明らかにしました-一方は新琉球種からの親であり、もう一方はアジア本土からのものです。

Shikuwasaゲノムデータの研究により、野生のみかんが2つの亜種に分かれていることが明らかになりました。 (ウィキメディアコモンズ)

フラットレモンとしても知られるシークヮーサは、日本の沖縄の島々の典型であり、飲み物の風味付けやジャムの作成などに使用されます。しかし、椎くわさの起源とそれがどのようにして島に到達したかは、未解決の謎でした。現在、DNA研究を使用して、研究者はいくつかの答えを見つけました。



新しい研究では 先週ネイチャーコミュニケーションズで発表された国際チームは、アジアの柑橘系果物の69のゲノムを研究し、長距離の旅行と交配の物語を明らかにしました。

以前の研究では、中国南部の湖南省が最も有名なみかんの本拠地であることが示されています。ゲノムデータの研究により、野生のみかんが2つの亜種に分かれていることが明らかになりました。

カリフォルニアのローレンスバークレー国立研究所の共同研究者である筆頭著者のGuohongAlbert Wu氏は、これらのマンダリン亜種の1つが、母親と遺伝的に同一の子孫を生み出す可能性があることを発表しました。他の多くの植物と同様に、野生の柑橘類は通常、父親の花粉が母親の卵と結合し、種子に両親の遺伝子を混ぜ合わせたときに繁殖します。しかし、中国南部の邙山から野生のみかんの亜種が見つかりました。種子には、父親からの入力がなくても、母親のDNAの同一のコピーが含まれています。したがって、種子は成長して母木のクローンになります。

新種

沖縄で見つかった別の柑橘類に関する研究は、それが以前に説明されていない種であることを明らかにしました。研究者たちはそれを名付けました タニブター または琉球諸島の後の琉球マンダリン。

さらなる研究は、すべてのshiikuwashaがハイブリッドであることを示しました– 1つは新しい琉球種からの親であり、もう1つはアジア本土からのものです。また、すべてのshiikuwashaは同じ本土の親を持ち、半兄弟です。数万年前、本土のマンダリンが人間または自然の手段で島に到着し、琉球柑橘類と交配したとチームは述べています。今日見つかったすべてのshiikuwasha品種は、この交配の子孫です。

Shiikuwasha FlowerA shiikuwasha flower photographed in Ōgimi, Okinawa. (Dr. Chikatoshi Sugimoto via OIST)

チームは、立花と呼ばれる別の柑橘系の果物もハイブリッドであると書いています。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の杉本千勝博士は、リリースで次のように説明しています。立花系統も、新たに記載された琉球種と中国からの別のマンダリンから派生したようですが、その発祥の地はおそらく現在の本土でした。日本。

OISTの分子遺伝学ユニットの主任研究員であるDanRokhsar教授は、マンダリンの多様化とその地域の生物地理学との関係についての話を解き明かすのは魅力的だと結論付けました。しかし、それは商業的価値も持つ可能性があります。他にどのようなハイブリッドタイプがありますか?病気や干ばつに対してより弾力性のある、または他の望ましい特性を持つ新しいハイブリッドを作成できますか?過去を振り返ることで、未来へのあらゆる可能性を創造することができます。