ソーシャル

Facebook Year in Review 2014:選挙で最もトレンドのトピック、インド門が最も場所にチェックイン

FIFAワールドカップは世界で最も人気のあるトピックでしたが、インドでは今年の総選挙がトップでした。

fb720FIFAワールドカップは世界で最も人気のあるトピックでしたが、インドでは今年の総選挙がトップでした。

1億1,000万人を超えるユーザーを抱えるフェイスブックは、2014年のインドのトレンドを正確に測定する必要があります。また、フェイスブックのボリュームで2番目に大きい国であるインドは、世界の他の地域とは少し異なっていました。



そのため、FIFAワールドカップは世界で最も人気のあるトピックでしたが、インドでは今年の総選挙がトップでした、とFacebookのデータアナリストであるベッツィーキャメロン、消費者コンテンツマネージャーのアンジーニューマン、プロダクトマーケティングマネージャーのピーターヤンがまとめた2014年のレビューは述べています。

Top10_Topics_IN



世界的に最も人気のあるトピックには、エボラウイルスの発生、ブラジルでの選挙、ロビンウィリアムズの死、そしてもちろんアイスバケツチャレンジが含まれていました。しかし、選挙後、インド人はFIFAワールドカップよりもIPLに関与し、火星オービターミッションとカシミール洪水がそれに続きました。中国のスマートフォン会社Xiaomiが国に参入することは、AliaBhattとMaryKomの両方のバイオピックよりも大きなトピックであったため、テクノロジーは変化のためにエンターテインメントをより良くしました。



最もチェックインされた場所の中で、インド門はタージマハルとグルドワラバングラサヒブに先んじてトップに立った。 Mysore近くのNandiHillsと高知の新しいLuLuモールもリストに含まれています。

Top10_Topics_IN

Cookie Jamは世界で最も人気のあるFacebookゲームであり、Bubble Witch 2Sagaに次ぐ3位のCandyCrushではありませんでした。

Year in Reviewのトップ10リストは、2014年1月から12月の間に行われたFacebook投稿でトピックが言及された頻度によって測定されました。リストは、匿名化された方法で分析されたFacebook投稿に基づいており、ランク付けされてスナップショットが作成されます。 Facebookの年。