ガジェット

次のAppleWatchは、私たちの多くが本当に必要としている新機能をもたらす可能性があります

パニック発作を検出した後、AppleWatchは状況に対処するために着用者の呼吸法をすぐに提供します。

WatchOS 7、Apple Watchシリーズ6、Apple Watchの新機能、Apple Watchパニック攻撃の検出、パニック攻撃の検出、Apple Watch血中酸素テスト、AppleWatchパニック攻撃テストこの機能を使用するには、血中酸素濃度を計算する必要があります。 (エクスプレス写真:ナンダゴパルラジャン)

Appleの今後のワールドワイドデベロッパカンファレンス(WWDC)COVID-19パンデミックのため、6月20日にオンラインで開催されます。基調講演では、iOS 14、iPadOS 14、macOS 10.16、watchOS 7、tvOS14などの自社製品の今後のオペレーティングシステムを発表する予定です。

伝えられるところによると、Appleの今後のwatchOS 7には、パニック発作についてユーザーに警告する新機能が搭載されます。その間 SlashGearの GearedUpポッドキャストの技術アナリストであるJonProsserは、この機能は血中酸素濃度と心拍数を常にチェックすることで機能すると説明しました。これは、ユーザーが過呼吸しているかどうかを時計が判断するのに役立ちます。

彼はさらに、過呼吸はストレスとパニックによって引き起こされ、そのために人がパニック発作を起こす可能性があると述べました。



この機能の導入により、時計はパニック発作が発生する前にそれを検出します。検出後、時計はすぐに着用者に状況に対処するのに役立つ呼吸法を提供します。

ポッドキャストの中で、Prosserは、この機能には新しいハードウェアが必要であり、Apple Watch Series5以下では機能しない可能性があると述べました。ただし、YouTuberによる以前のレポートによると EverythingApplePro 予想屋のマックス・ワインバッハは、この新機能がAppleWatch‌シリーズ4以降に展開される予定です。

Prosserは、この機能が機能するには血中酸素濃度の計算が必要であると述べました。これは、時計が血中酸素センサーで構成されている必要があることを意味します。紙の上では、すべてのApple Watchモデルにセンサーがあり、血中酸素濃度を計算できます。ただし、時計には他にもいくつかのハードウェアコンポーネントが必要であると彼は付け加えました。

による報告によると PhoneArena 、同社はWWDC 2020中にこの機能の発表をスキップする可能性があり、代わりに、新しいWatch Series6を発売する秋のイベント中にこの機能を導入する可能性があります。