化学

チャンドラヤーン2号は月の外圏でアルゴン40を発見

ISROによると、月面の深部に存在する放射性40K核種は崩壊し、40Arガスを構成します。

チャンドラヤーン2号、ISRO、月、アルゴン-40、40Arチャンドラヤーン2号は、高度約100kmからアルゴン40を検出しました。 (画像:PTI)

ISROによると、現在月を周回しているチャンドラヤーン2号は、月の外圏でアルゴン40を検出しました。 ChandraのAtmosphericComposition Explorer-2(CHACE-2)ペイロードの助けを借りてそれを行うことができました。チャンドラヤーン2号は、高度約100kmからアルゴン40を検出しました。 40Arとしても知られるアルゴン40は、希ガスアルゴンの同位体です。アルゴンは、地球の大気圏で3番目に豊富なガスです。



ISROは、40Arが月の外圏の主成分であると述べています。 ISROの声明によると、アルゴン40はカリウム40の放射性崩壊に由来します。宇宙機関によると、月面の深部に存在する放射性40K核種は崩壊し、40Arガスを構成します。次に、これは粒子間空間を通って拡散し、月の外圏に到達します。

また、月を取り巻く薄いガス層を「月の外気圏」と呼んでいるとのことです。これは、月に存在するガス原子が互いに衝突することはめったになく、非常に希薄な構造を構成しているためです。 CHACE-2ペイロードは、中性質量分析計ベースのペイロードであり、ISROによれば、1〜300原子質量単位(amu)の範囲で月の中性外圏の成分を検出できます。



チャンドラヤーン2号は、昼夜の濃度変化を捉えることで、月の外圏で40Arを検出することができました。 40Arは凝縮性ガスであり、さまざまな温度と圧力で異なる反応を示します。それは月の夜の間に凝縮し、月の夜明けの後、ガスは再び月の外圏に放出され始めます。