ガジェット

CES 2016:4Kカメラを搭載したドローンが飛行

CES 2016では、4Kビデオ録画カメラを搭載したドローンが大流行しました。

International Consumer Electronics Show、CES 2016、Drones、Intel、Intel RealSense、4KカメラDrone、DJI、Phantom、Ehang 184、Yuneec Typhoon H、テクノロジーニュースCES 2016では、4Kビデオ録画カメラを搭載したドローンが大流行しました。

毎年恒例のCES2016ショーでは、これらのデバイスの人気が高まっていることを考えると、ドローンは重要な位置を占めています。インドではカメラ付きのドローンを入手することは政府の問題かもしれませんが、CES 2016では、4Kビデオ録画カメラ付きのドローンが大流行しました。

台風ドローン

PhantomとInspireDronesで高い評価を得ている中国の企業DJIは、4KカメラとライブHDフィードを備えた新しいPhantom 34Kをテックショーで展示しました。



ただし、4Kを搭載したのはDJIのドローンだけではありません。ヘキサコプターであるYuneecTyphoon Hシリーズドローンは、下部に4Kカメラを搭載しているだけでなく、IntelのRealSenseカメラテクノロジーも搭載しています。また、格納式の着陸装置があります。 RealSenseカメラは、ドローンが誰かや何かに衝突しないようにし、ドローンの飛行スキルがひどい場合に障害物を自動的に感知します。

インテルリアルセンス

他の大きなドローン、そしてはい、これは文字通りショーで最大のドローンでした。中国を拠点とするEhang 184でした。このドローンのユニークな点は、もちろんドローンを扱っている1人の乗客を運ぶことができるということです。基本的には、ドローンと個人用飛行機が1つに統合されます。

広大な184ドローン

重量が約200kgのEhang184もフェイルセーフシステムを約束しており、ドローンに問題が発生した場合、すぐに近くに着陸します。 Ehangによると、ドローンは自動的に飛行して着陸するため、実際に飛行するのにパイロットの免許は必要ありません。このドローンで長距離を飛ぶことを考えているなら、そうしないでください。これは短距離専用です。