その他の

アップル、7年連続で世界で最も価値のあるブランドを維持

グローバルブランディングコンサルタント会社 インターブランド は世界で最も価値のあるトップ10ブランドのリストを掲載しており、Appleは当然のことながらリストのトップに立っています。興味深いことに、これはAppleがトップの座を維持している7年連続です。リストには、Google、Amazon、Microsoft、Coca-Colaなどの他のブランドも含まれています。

各ブランドは、Interbrandによって決定された次のような10の指標に基づいて採点されます 明快さコミットメントガバナンス応答性関連性エンゲージメント差別化一貫性信憑性 、および 存在感 。同社は、会社の財務状況はランキングで考慮されていないことを明確にしています。

インターブランドはさらに説明しました–「私たちは、強力なブランドがビジネスの成長に影響を与える主要な利害関係者グループ、つまり(現在および将来の)顧客、従業員、投資家に与える影響を深く理解しています。強力なブランドは顧客の選択に影響を与え、ロイヤルティを生み出します。才能を引き付け、保持し、意欲を高める;資金調達のコストを下げる。当社のブランド評価方法は、これらの要因すべてを考慮に入れるように特別に設計されています。」



インターブランドは、アップルの ブランド 現在、昨年より9%増加しています。以下のInterbrandによってランク付けされた上位10社のリストを確認できます。

  1. 林檎
  2. グーグル
  3. アマゾン
  4. マイクロソフト
  5. コカコーラ
  6. サムスン
  7. 豊田
  8. メルセデス
  9. マクドナルド
  10. ディズニー

ながら アップルは数ヶ月前に1兆ドルの会社になりました それ以前は、その評価額がその後大幅に縮小したため、もはやそうではありません。しかし、そのブランドは依然として市場で高く評価されており、同社は順調に進んでいるようです。かどうかを確認するのは興味深いでしょう クパチーノ巨人 このアドバンテージを長く保つことができるでしょう。

どう思いますか?

ソース インターブランド

経由 9to5Mac