ガジェット

Apple watchOS 6は、最終的にユーザーが株式アプリを削除できるようにします

Apple watchOS 6を使用すると、ユーザーはAppleWatchからストックアプリを削除できます。レポートによると、これらのアプリは、ユーザーの要件に応じてAppStoreから再度追加できます。

今後のwatchOS6では、ユーザーはAppleWatchからストックアプリを削除できるようになります。

Apple Watchユーザーは、過去にデバイスにストックアプリが多すぎるという問題に直面していました。これらのストックアプリは、これまでホーム画面から削除したり削除したりすることができず、ストレージスペースを使い果たす傾向があります。ただし、これは今年後半にwatchOS6の公開リリースが開始されると変更される可能性があるとTechCrunchは報じた。

これまでのところ、簡単に削除できるのはAppStoreからダウンロードしたサードパーティのアプリだけです。ユーザーはアプリを長押しし、アプリが揺れたらXマークをクリックできます。また、ユーザーがiPhoneでアプリを削除すると、AppleWatchからも消去されます。ただし、watchOS専用のAppleストックアプリ(TimerやRadioなど)は多数あり、これらのアプリにはiPhone用の対応するバリアントがありません。

による 報告 、ストックアプリがApple Watchにくっついて削除されないというこの問題は、今秋後半にリリース予定のwatchOS6のリリースで変わります。 Walkie-Talkie、Breathe、Radio、Timer、Stopwatch、Alarms、RemoteなどのApple Watchアプリは、ユーザーが削除できます。 Apple Watchユーザーは、必要性や要件に応じて、後でこれらのアプリをAppStoreから再ダウンロードすることもできます。



ストックアプリを削除する機能により、ユーザーはこれらのアプリが使用していたストレージスペースを回復し、不要なアプリを削除してハニカムグリッドレイアウトをクリーンアップすることができます。ただし、すべての組み込みのwatchOSアプリを削除できるわけではありません。レポートによると、心拍数やメッセージなどの一部のストックアプリは残ります。

Apple Watch固有のアプリの追加と削除により、iOSバージョンからより独立して動作できるようになります。これらのアプリは、iPhone / iPadアプリにバンドルする必要がなくなります。アプリ開発者は、必要がない場合に備えて、iOSバージョンのアプリを作成する必要はありません。

ただし、この機能は現在watchOS6ベータ版では見られないことに注意する必要があります。秋のシーズン後半にwatchOS6が一般公開される前に追加される予定です。