ガジェット

AMDがComputex2015で第6世代「Carrizo」Aシリーズプロセッサを発表

AMDによると、第6世代AMDAシリーズプロセッサを搭載したノートブックは6月から発売される予定です。

AMD、AMD第6世代Aシリーズプロセッサー、Computex 2015、Computex 2015 AMD、AMD第6世代Aシリーズプロセッサー、AMD新しいプロセッサー、AMD Carrizoプロセッサー、AMD新しいプロセッサー、AMD、Computex 2015、AMDシリーズ、AMD computex、テクノロジー、テクノロジーニュースAMDの第6世代Aシリーズプロセッサが発売されました。 (出典:AMD)

AMDは本日、台湾の台北で開催中のComputex 2015イベントで、第6世代Aシリーズプロセッサを発表しました。

同社によれば、Aシリーズ(以前はCarrizoとコード名が付けられていた)は、システムオンチップ(SoC)設計の世界初の高性能Accelerated Processing Unit(APU)です。

AMDによると、SoC設計には他にも最初のものがあります。同社のプレスステートメントによると、SoCは、ノートブック用の世界初の高効率ビデオコーディング(HEVC)ハードウェアデコードサポート、最初のHeterogeneous Systems Architecture(HSA)1.0準拠の設計、および最初のARMTrustZone対応の高-パフォーマンスAPU。



AMDによると、プロセッサーは最大12コア(4 CPU + 8 GPU)を使用でき、前モデルの2倍以上のバッテリー寿命と、競合プロセッサーの最大2倍のゲームパフォーマンスを提供します。 AシリーズはMicrosoftWindows 10をサポートし、さらにDirectX12をサポートします。

AMDの製品担当副社長兼ゼネラルマネージャーであるMattSkynnerは、プレスステートメントで次のように述べています。パートナーは、今日の最も革新的なノートブックプラットフォームの多くに第6世代APUを導入する計画を立てており、APUの機能の可能性を最大限に発揮します。

第6世代のAシリーズは、HEVC / H.265をノートブックにもたらし、従来のH.264ビデオに対して高品質で低帯域幅のストリーミングビデオ再生を可能にします。 UltraHD解像度のビデオをサポートします

AMDによると、第6世代AMDAシリーズプロセッサを搭載したノートブックは6月からトップOEMから入手可能になる予定です。

以下のビデオをご覧ください。