ガジェット

Airtelは、SDおよびHDセットトップボックスの価格を引き下げ、現在は1,100ルピーから

以前のAirtelは、HDセットトップボックスを1,800ルピー、SDセットトップボックスを1,600ルピーで販売していました。

Airtel、Airtel Digital TV、Airtel Digital TVセットトップボックス、Airtel Digital TVセットトップボックスの価格、Airtel Xstream、AirtelXstreamの価格セットトップボックスの価格を下げることに加えて、AirtelはXstreamラベルの下にAndroid搭載のストリーミングスティックとボックスも導入しました。

Airtelは現在、「AirtelDigitalTV」SDセットトップボックスをRs1,100で、HDセットトップボックスをRs1,300で提供しています。これは、タタスカイがインドのセットトップボックスに対して行った最近の値下げに続くものです。

以前、同社はHDセットトップボックスを1,800ルピーで、SDセットトップボックスを1,600ルピーで販売していました。これに対して、Tata Skyは最近、SDセットトップボックスの価格が1,399ルピー、HDセットトップボックスの価格が1,499ルピーになると発表しました。

ウェブサイトは、加入者がボックスのMRPを介してインストールまたは処理料金を支払う必要があるかどうかについては言及していません。



セットトップボックスの価格を下げることは別として、Airtelは、Xstreamラベルの下にAndroid搭載のストリーミングスティックとボックスも導入しました。これらのAndroidベースのデバイスは、インターフェースを追加してインターネットへの接続を支援することにより、ユーザーの通常のテレビをスマートテレビに変えます。

AirtelのXstreamStickとXstreamBox4Kの価格はどちらも3,999ルピーです。 Airtel Xstream4KハイブリッドボックスはAndroid9.0を搭載しており、衛星テレビとOTTコンテンツを組み合わせています。一方、Xstream Stickは、Android8.0ベースのOverThe Top(OTT)スティックであり、あらゆるTV画面でプラグアンドプレイを体験できるように設計されています。

Airtel Thanks PlatinumおよびGoldのお客様は、同社独自のXstreamビデオストリーミングサービスに無料でアクセスできます。他のすべてのお客様は、最初の30日間はコンテンツに無料でアクセスでき、その後はサービスに登録するために年間999ルピーを支払う必要があります。