ガジェット

Acer Aspire E15レビュー:タブレットを購入するよりも学生にとってより良い賭け

あなたが非常に手頃な価格の、フル機能のラップトップを探しているなら、Acer AspireE15は間違いなく良いオプションです。

Acer AspireE15ラップトップレビューあなたが非常に手頃な価格の、フル機能のラップトップを探しているなら、Acer AspireE15は間違いなく良いオプションです。

最近はノートパソコンについてあまり話しません。コンピューティングに関するすべての会話は、スマートフォンとタブレットを中心にしているようです。しかし、特にインドのような国では、最初のラップトップを手に取っている人がまだたくさんいます。たとえば大学生は、仕事の多くを行うために、キーボードと光ディスクドライブを備えた適切なコンピュータを必要としています。タブレットは彼らのニーズの多くを満たしていません。しかし、タブレットの価格で優れた機能のラップトップを購入することは可能ですか?私は新しいAcerAspireE15で答えを見つけたと思います。

仕様: Windows 8.1 OS | 15.6インチ1366x768pHDLEDトゥルーシネマティックディスプレイ| Intel CeleronN2830デュアルコア2.16GHz | 2GB DDR3L SDRAM | 500GBストレージ| DVDライター| HDMI | USB 2.0 x 2; USB 3.0 x 1 |カードリーダー| 2.4 kg

価格: Rs 20,999



設計: E15は15.6インチの画面を備えた大型ノートパソコンで、最近では珍しくなり始めています。しかし、これは、ラップトップが作業に多くの不動産を必要とする人、たとえば、設計のニーズや研究に取り組む人にとって理想的であることを意味します。ただし、サイズにもかかわらず、E15はかさばるどころではありません。はい、2.4kgと重いですが、最大高さ27.15mmと比較的スリムです。

私が手に入れたレビューユニットは、マット仕上げのボディを備えたオールブラックでした。リストレストとクラムシェルの後部には穴のあいた質感がありました。トラックパッドはキーと同じレベルにあり、キーボード自体はその下のレベルにあります。キーボードの外側に電源ボタンが1つしかないため、デザインがシンプルでシンプルになります。

フルサイズのファインチップキーボードは、キーを適切に移動するだけで作業するのに適しています。しかし、E15を使用して500語の作品を書いた後、ラップトップの端が少し鋭すぎて手首が緊張していることに気づきました。コンピュータを長時間使用する場合は、この鋭いエッジを埋める必要がある場合があります。

ポートはすべて背面、画面のすぐ下にあります。クラムシェルの下半分は画面に向かって上昇し、すべてのHDMI、LAN、および2つのUSBポートに対応します。パワーポイントも後部にあります。

画面: HDディスプレイはあらゆるタイプの用途に適しており、まぶしさはあまりありません。いいえ、それはタッチスクリーンではなく、FullHDもありませんが、これは手頃な価格のラップトップです。

パフォーマンス: E15は、明らかな理由から、Intel Corei3またはi5プロセッサを搭載していません。ベイトレイルベースのIntelCeleron N2830プロセッサは、第3世代Core i3プロセッサよりも電力効率が優れていますが、処理と全体的な機能に関しては少し不足している可能性があります。ただし、価格の点では、これは優れた価値提案を提供します。これは最新のCorei3プロセッサーほど明るくはなく、Chromeを使用してWebを閲覧し、12を超えるタブを実行して発見したように、限界に達すると少しうめき声を上げます。しかし、私はラップトップが圧力を受けても涼しいままであるのを見てうれしかったです。これは、通常の作業をしている場合はそれほど問題にはなりませんが、これ以上面倒なことを目的として作成されたものではありません。 E15は非常に速く起動し、10秒以内にスリープから復帰します。

評決: あなたが非常に手頃な価格の、フル機能のラップトップを探しているなら、Acer AspireE15は間違いなく良いオプションです。高校生や大学生にはお勧めしますが、ビジネス用ノートパソコンをお探しの方にはお勧めしません。しかし、はい、これは多くのタブレットと同じくらい、またはそれよりも安いコストです。生産性を高めたい場合は、E15の方が適している可能性があります。