その他の

2020年に大量のAppleのOLEDディスプレイが中国のメーカーBOEから供給される

RPRNAのレポートによると、Appleは2020年にOLEDパネルの生産について中国のディスプレイメーカーBOEと契約を結びました。言うまでもなく、これらのディスプレイの注文の大多数は、2020年のiPhoneフラッグシップ向けであり、3つの新しいiPhone秋に期待されています。

BOEがかなり長い間AppleからのOLED注文を獲得しようとしていると報告されており、交渉は数年続いていると報告されています。同社はすでにiPadやMacBook向けのLCDパネルを製造しているため、基本的には移行がかなりスムーズになります。

さらに、BOEは、Samsungに次ぐApple向けOLEDディスプレイのNo 2サプライヤーになると付け加えた。ここで注目に値するのは、BOEがLGディスプレイに比べて大量のディスプレイを確保しているのに対し、サムスンは2020年のOLEDディスプレイのトップサプライヤーであり、予想されるラインに沿っていることです。



BOEは2021年にiPhone向けに4,500万個のOLEDパネルを出荷すると予想されています。BOEが現在Samsungで使用されている技術を持っているという事実は、Appleが中国のサプライヤーと契約を結んだものです。 Appleは長い間、需要を満たすために複数のサプライヤーに依存してきました。これにより、同社はiPhoneの大規模な発売に間に合うように受注を確保することができました。 2017年以来、サムスンはApple向けのOLEDディスプレイの最大のサプライヤですが、BOEの登場は確かにいくつかの懸念を引き起こします。

BOEが最近、TV LCDパネルの世界的なトップサプライヤーになったことを指摘する価値があるので、これは会社の帽子のさらに別の羽毛のようです。

ソース RPRNA

経由 iMore