ハイテクニューステクノロジー

2017年度末までにインドで製造される電話の50%:Lenovo

LenovoGroupのスマートフォンディレクターであるSudhinMathurは、LenovoとMotoが前四半期に販売されたスマートフォンの11.6%を占め、第3四半期と比較して2%以上増加したと述べました。

レノボ、レノボ携帯電話、レノボ携帯電話、レノボ電話、レノボインド製造電話、レノボインドで作る、技術ニュース、技術ニュース、インドニュース、最新ニュースブランド戦略は現在、0 +および0+カテゴリのMotoブランドに宣伝することですが、Lenovoは低価格の電話でサブ0セグメントを把握しようとしています。

IDCによると、モトローラがインドのスマートフォン市場で3番目に大きなプレーヤーであるレノボは、来年度までにインドの2つのブランドが販売する電話の半分以上が現地で製造されると考えています。



スマートフォンのディレクターであるSudhinMathur氏は、IndianExpress.comと話して、Lenovo Groupは、LenovoとMotoが前四半期に販売されたスマートフォンの11.6%を占め、第3四半期と比較して2%以上増加し、前年比で成長したと述べました。 IDCの数値によると97%です。

私たちはすでにオンラインでNo.1のプレーヤーであると彼は言い、オンライン販売が現在インドで37%を占めているという事実を強調しました。 Lenovoの場合、人気のあるK3NoteおよびA6000 +スマートフォンの数が急増していますが、Moto G3、Moto X Play、Moto XStyleはMotorolaで大成功を収めています。ブランド戦略は現在、200ドル以上と300ドル以上のカテゴリでMotoブランドに宣伝することですが、Lenovoは予算の電話で200ドル未満のセグメントを獲得しようとしています。



同じ価格帯を利用したいLeEcoのような新しい中国ブランドの参入に同社がどのように反応しているかを尋ねられたMathurは、インド市場はかなり大きく成長していると述べた。 IDCは、2016年末までに1億5000万台以上のスマートフォンがインドで販売されると予測しており、加入者ベースではすでに2番目に大きいです。ですから、ここには大きなチャンスがあり、多くの新しいプレーヤーがやってくるでしょう。より重要なのは、消費者が何を買いたいかということであり、彼らは今、良い選択を得ています。しかし、最終的には信頼と信頼性が重要になると彼は説明した。



Mathur氏によると、インドは現在、Lenovoのグループ数の10%以上を占めており、インドでの製造開始当初から、インドに対する同社の取り組みは明らかでした。米国では、Motoブランドが非常に強力であり、アジア太平洋地域では、Lenovoブランドがより強力です。ただし、どちらのブランドも同様に人気があり、インドでも受け入れられており、デュアルブランド戦略を継続すると同氏は述べた。

現在、Moto GおよびEシリーズの電話のほとんどと、K3Noteを含むLenovoのエントリーレベルの電話はインドで製造されています。その意図は、国内でますます多くの電話を作り続けることです。来年度、私たちの電話の50パーセント以上がインドで作られるだろうと彼は言った。 Mathur氏は、この計画では、カレンダーの終わりまでに、より排他的なLenovo-Motoサービスセンターを追加する予定であると付け加えました。年末までに100になり、Lenovo-Motoのお客様のみが対象となります。